カメガエルはカエルなのに跳ねることも泳ぐこともできない

オーストラリア南西の森林や砂丘にある密生した藪地などに生息している

名前のとおり亀に似ているカメガエル。

カエルなのにこの見た目だからか泳ぐことも跳ねることもできません。

水にいれると溺れてしまうほど水が苦手です。

そのため水辺に住まず乾燥地帯の土の中で暮らしています。

シロアリの巣にもぐりこんでシロアリを食べているのです。

卵からオタマジャクシではなくカエルが?!

カメガエルは大雨が降ったあとに地表にひょっこりと顔をだし、鳴いてメスを呼びます。

大きな前足なので穴をほることができ、1~1.2mほどの地中深くに卵を産みます。

驚くことにオタマジャクシも土の中で大きくなります。

エラ呼吸なのに水中じゃなくて大丈夫なのかと心配になりますよね?

カメガエルのオタマジャクシは栄養たっぷりの卵のなかでカエルになるまで過ごします。

飛べない、泳げない、卵からカエルがでてくる…ととっても変わったカエル。

モグラのような生活でもカエルはカエルなんですね。

体長は6cmほどでまんまる。

子どものカメガエルも大人と同じ形。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おもしろい、ためになったと思ってくれた方はおしてください♪